Recruit

採用情報

トップイメージ

採用メッセージ

Recruit Message

採用メッセージ

採用メッセージ

スタッフ同士の仲の良さが自慢です!

不知火メディクスでは多くの薬剤師と事務員がいますが、皆とても仲が良いです。職場会議などでも薬剤師、事務、役員間の壁がないので、思ったことを自由に発言することができます。
職場運営を人任せにせず、それぞれが気持ちの良い薬局づくりのためにどうすれば良いか考えることができるので、働きやすい職場づくりを皆で構築していると思います。仕事中に患者様の処方内容で疑問に思ったときは、幅広い年齢層と経験の薬剤師が多数いるためすぐに相談することができ、自信を持って服薬指導することができますし、本には載っていない経験に基づいた実践的な知識も聞くことができるためとても勉強になります。

採用担当より

Education and Training

教育・研修について

教育・研修の図

不知火メディクスでは薬のプロを育てたいという想いから 段階ごとに目標を定め、成長に合わせた研修プログラムを 実施しております。技術や知識だけではなく、使命感を持って 地域医療に取り組んでいただける医療人としての姿勢も身に着けていただきたいです。 ※研修プログラムは適宜見直しておりますので、一部変更となることもございます。

基礎研修(1年目)

事業所内の薬局の全般的な業務を取得する。また、民医連職員としての基礎を築く
・新入職員集合研修(福岡・佐賀民医連)
・新入職員薬剤師研修(全日本)
・6 か月研修(福岡・佐賀民医連):主に接遇
・日本薬剤師会、地域薬剤師会(県および地区)の加入および研修会の参加
・保険薬局活動交流集会の参加(2年ごと:福岡・佐賀民医連)

初期研修(1~3年目)

薬局の業務を把握し、優先順位を判断できる。職場の先輩や管理者と協議しながら業務が できる。研修等を通じて他の薬剤師加入の薬剤師や民医連職員との交流が積極的にできる。
・1年目研修、2年目研修、3年目研修(福岡・佐賀民医連)
・福岡県薬剤師会および大牟田薬剤師会主催の研修会の積極的参加
・職能団体(日本薬剤師会)以外の研修会や学会の参加
・研修認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)の取得
・友の会活動:班会の講師活動、青空健康チェックの参加
・(2年目以降)他店舗や他法人での業務支援

・(2年目以降)保険薬局活動交流集会での発表

中期研修(4年目以降、主任格)

薬局内の業務のリーダーとなり、法人内の委員会や県連での委員を担うことができる。
また薬剤師として専門性を持ち、なりたい自分を明確にする。また学会での発表を見据えた研 究や症例を集めることができ、学会等で発表をできる。
・4年目研修、中堅薬剤師研修(福岡・佐賀民医連)
・実務実習認定指導薬剤師の取得
・専門性を求めた学会や職能団体への積極的な加入
・専門的な認定(注 1)を目指した研修会への参加(認定薬剤師、専門薬剤師)
・(5年経過後)かかりつけ薬剤師になる
・研修認定薬剤師の継続(3年ごとの更新) ・友の会活動:班長との班会の実施計画の立案

管理者研修(薬剤科長、管理薬剤師)

職場や店舗のリーダーとして責任をもち運営できる。
またほかの店舗との連携を行うとともに、全国的な民医連および薬剤師職団体の動きをリサーチしながら、薬剤師政策を常に意識しながら行動ができる。
・薬局長研修(福岡・佐賀民医連)
・薬局運営に必須な研修会等への出席(居宅集団指導、高度医療機器販売等)
・ネグジット研修:経営など

薬局長研修(薬局長)

管理薬剤師を指導援助し、かつ、法人全体の経営にも参画し、企画立案ができる。学会発表の経験を活かし、発表を試みる者の指導援助ができる。
・ネグジット研修(外部研修機関):経営など
・薬剤部門代表者会議の参加(全日本民医連)
・社長や専務が出席できない時の代理出席

注 1)認定薬剤師について

かかりつけ薬剤師制度の導入や在宅医療の推進、多職種連携などの医療改革の波を受け、以 前よりも専門性の高い知識を持つ薬剤師が必要とされています。時代のニーズにあった薬 の知識、患者に役立つ情報を提供できる薬剤師であるために、知識・技術を備えなければな りません。主なものを下記に列挙しています。(専門薬剤師は割愛)

◎研修認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)
●実務実習認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)
〇外来がん治療認定薬剤師(日本臨床腫瘍薬学会)
〇プライマリ・ケア認定薬剤師(日本プライマリケア連合学会)
〇腎臓病薬物療法認定薬剤師(日本腎臓病薬物療法学会)
〇糖尿病薬物療法認定薬剤師(日本くすりと糖尿病学会)
〇緩和薬物療法認定薬剤師(日本緩和医療薬学会)
〇日本医療薬学会認定薬剤師(日本医療薬学会)
〇在宅療法支援認定薬剤師(日本在宅薬学会)
〇生薬・漢方薬認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)
〇公認スポーツファーマシスト(日本アンチドーピング機構)
◎は薬剤師全員に必須 ●は法人に最低 1 名は必要 〇は目標

参考)
日本病院薬剤師会の認定 ・がん薬物療法認定薬剤師 ・HIV感染症薬物療法認定薬剤師 ・日病薬認定指導薬剤師
・日病薬病院薬学認定薬剤師 ・小児薬物療法認定薬剤師 ・感染制御認定薬剤師
・精神科薬物療法認定薬剤師
その他
・抗菌化学療法認定薬剤師 ・救急認定薬剤師

求人情報

Recruit Information

求人概要

パパになってもママになっても仕事を続けられる職場、介護を続けながら仕事もできる職場

職員には良い仕事をするためにプライベートの時間も大切にしてほしいと思っています。好きなことができる時間をぜひ持って、心の糧にしてほしいと望んでいます。人間的な成長ができる職場を目指しています。

  • ご応募
  • ご連絡
  • 採用面接
  • 内定
会社名 有限会社不知火メディクス
募集職種 薬剤師
勤務地 くぬぎ薬局、センター薬局、つばき薬局
勤務時間 【平日】
8時50分~17時00分
9時50分~18時00分
11時20分~19時30分
【土曜】
8時50分~12時30分
9時00分~13時00分
(時差出勤あり)
内1時間休憩
給与 基本給各種手当込 268,600円〜
(基本給、調整給、薬剤師手当)
昇給 年1回:4月
賞与 年2回(3.8ヶ月)
休日休暇 年間102日(月毎に勤務表を組み指定休を入れます/4週6休制)
有給休暇 初年度 10日(最高20日)、リフレッシュ休暇、各種慶弔休暇
有給休暇(消化率 97.44% ※2019年度実績)
福利厚生 各種保険(健保、厚生、雇用、労災、薬剤師賠償保険)
職員共済制度(医療費助成など)、退職金制度
奨学金制度あり
諸手当 世帯主、住宅、家族手当は別途支給
交通費は別途支給 (自家用車使用 30,750円まで)(公共交通機関 50,000円まで)
住宅手当を支給(月額1.7万円)
問い合わせ先 採用担当:今村
電話/メール TEL 0944-56-7333
メール imamura@medics.jp
問い合わせ方法 ・お電話にてお問い合わせ
・メールにてお問い合わせ
・お問い合わせフォーム

採用担当より

Recruit FAQ

採用に関するよくある質問です

Q

奨学金返済制度はありますか?

A

残念ながら、返済制度はありませんが、薬学生や院生の方に対する奨学金制度はあります。
★ 奨学金の支給額   50,000円/月額
★ 入学金       200,000円
★ 最高支給額     3,800,000円
★ 支給期間      奨学生の決定から卒業まで

Q

資格取得支援制度はありますか?

A

はい、あります。認定薬剤師取得のためのeラーニング費用の全額補助制度があります。

Q

福利厚生にはどういうものがありますか?

A

住宅手当の支給のほか、体調不良等のための特別休暇もあります。